コライト

更新日:2020年11月27日
協力者・寄付金募集 森林インストラクターと市民有志

「瞑想の池」救出大作戦

 長岡市の東山々麓、以前はファミリーランドと呼ばれ、現在は週末キャンプで賑わっている野外レクリェーション場の奥(長岡市栖吉町地内)に「自然観察林」と名付けられた市有林があります。

 散策道が縦横に整備され、手軽な自然とのふれあいの場として、また付近の三ノ峠山への往復ルートとして、市内外から自然愛好者が訪れます。 林内には滝之川という渓流があり、上流へ辿ると「瞑想の池」に着きます。

 この森林が40年程前に造成された当時は、森林火災に備えた防火溜池だったのですが、長年を経て落ち葉や泥がたまり、その機能を持たなくなりました。

 一方でこの池は現地が保健保安林に指定されているように、林内にあって心安らぐ癒しの水辺空間を提供し、モリアオガエルや各種のトンボなど、貴重な生き物が集まるビオトープともなりました。

 しかし近年頻発する台風や豪雨による土砂の流入で池はみるみる浅くなり、今では池というよりは水溜まり、放置すれば完全に無くなってしまう状態です。

 しかも残念なことに、周囲の地形上、この池まで重機を入れることもできず、泥を取り除く作業は人力に頼る以外ないのが現状です。

 そこで現地を管理する長岡市(担当は農林整備課)と私たちが、池の適切な維持管理について検討していくことになりました。

 しかし池を元の姿に戻すには、より多くのご協力が必要です。

 労力の提供や効率的な泥上げ方法の知恵、財政的な援助など、自然観察林に愛着を持ち、この池を存続させたいとお考えの皆様のご支援をお待ちします。

 なお、私たちは現地の環境保全のため、ささやかな活動をしている団体で、長岡市民協働センターのWebページでも活動概要をご紹介しています。(団体ページはこちら)

 

 

募集概要

名称

「瞑想の池」救出大作戦

日程

令和2年11月~令和3年11月

ご協力いただける方を随時募集しております。

時間
場所

長岡東山の自然観察林内「瞑想の池」

主催者

森林インストラクターと市民有志

内容

◆「瞑想の池」泥上げと運搬の作業ボランティア

◆「瞑想の池」泥上げの技術的アドバイス

◆「瞑想の池」泥上げ経費の寄付

申込締切
お問い合わせ先

森林インストラクターと市民有志

代表 松田英也

E—Mail : akinire@nifty.com

携帯電話:080-5401-9391

備考

あなたの団体も告知してみませんか?

ご登録いただくとイベントの告知や、協力者募集、寄付金募集、アイデア募集など
様々なことができます。ご希望の団体はこちらからお問い合わせください。

シェアする

フォローする

ページの先頭へ