コライト

日付:2020年03月30日
長岡市補助金活用事例紹介

「ノウハウやツールを得て活動範囲を広げたい」/ウィメンズヘルスlab

長岡市市民活動推進事業補助金は分野や規模・場所を問わず、市民のみなさんの熱意・アイデアを活かした地域社会や市民のために行う公益的な活動の経費を補助することができます。効果的な活用事例をご紹介します!

団体▶ウィメンズヘルスlab


目的

乳がん・子宮がん検診の受診率の低さは、全国的な課題です。長岡市でも同様で、市が啓発イベントを開催しても参加者が少ないのが気になっていました。そこで、助産師の有志が集まり、自分の健康を守ることの大切さを伝えようと団体を設立。どうすれば一般の人にも乳がん・子宮がんといった問題に関心を持ってもらえるか、助産師ならではの切り口で発信してみようと考えました。

 

取り組み

  • 乳がん、子宮がんの基礎知識や自己検診方法が学べる講座の開催
  • 今後活動を展開できるよう乳がん模型の購入

 

結果

乳がん模型を購入したことで、参加者にインパクトのある体験をしてもらえました。模型を触れることで、乳がん・子宮がんへの知識や、自己検診のやり方などへの理解も深まったと思います。今後も購入した乳がん模型を活用し、活動範囲を広げていきたいです。

シェアする

フォローする

ページの先頭へ