コライト

更新日:2021年06月07日
イベント告知 NPO法人市民協働ネットワーク長岡

ローカルアーティストは生きのこれるか のもーれ!

<イベント概要>
 まちなかにある目を引くアート作品。「あれってなんだろう」と思いませんか。今回の「のもーれ!長岡」は和島の椿の森にある屋外コンテナ壁画「幾千の和」を作成した今井翔太さん、栃尾の巨大なザトウクジラ(現在は大雪のため潰れてしまいました)を制作した加治聖哉さんをお招きし、あえて地域と関りながら制作活動をするのかなぜなのか。若手芸術家2名はどのような未来図を描いて地域で生きていくのか、理想と現実を聞いていきます。
 ローカルアーティストは地域でどう生き残っていくのか。アートと地域を掛け合わせた化学反応で、新しい価値や魅力が生み出されるかもしれません。

<のもーれ長岡とは>
 もっと長岡を盛り上げようという想いのもと始まった、市民交流会「のも~れ!長岡」。市民活動に関する体験・学び・想いをシェアし、その場に居合わせた人々がゆるやかにつながる場として定期開催しています。

<ゲスト>
– 今井翔太さん:絵画/兄弟アートユニット
https://imaibrothers.jp/the-link-of-washima/
 新潟を代表し、世界で活躍する芸術家を目指し活動。大学卒業後の2019年には、長岡市和島地域の椿の森にて屋外コンテナ壁画「幾千の和」を制作。2021年には弟の今井駿弥さんとともに「Telu Telu Boy展」を開催した。

– 加治聖哉さん:彫刻家(廃材アーティスト)/長岡市地域おこし協力隊
https://www.facebook.com/kajiws/
 2019年より長岡市地域おこし協力隊として栃尾で活動。学生時代から、長岡市をはじめとした地域活動に積極的に関わり、廃材を使ったザトウクジラの制作をはじめ、栃尾を「芸術の街」として盛り上げている。

<ゲストトーク>
テーマ「ローカルアーティストは生きのこれるか」

<スケジュール>
18:30 受付開始
19:00 イントロ
19:05 ゲスト紹介
19:10 トークセッション
     トークテーマ「ローカルアーティストは生きのこれるか」
20:20 感想シェア
20:30 終了予定

<会場での新型コロナウイルス感染症対策>
・協働センター入口で、体温計測とアルコール消毒を実施します。
・会場では、飲食時以外マスクを着用していただきます。
・定期的に会場の換気を行います。
・ゴミは各自お持ち帰りください。

お申し込みはこちらのPeatixページから

https://peatix.com/event/1934275

イベント概要

イベント名

ローカルアーティストは生きのこれるか のもーれ!

日程

2021年7月16(金)

時間

19:00~20:30

場所

どちらかお選びください

 - アオーレ長岡(協働ルーム)
 - オンライン

主催者

NPO法人市民協働ネットワーク長岡

内容

ローカルアーティストは生きのこれるか のもーれ!

参加費

会員 800円

一般 1,000円

申込締切

7月14日(水)までにPeatixページよりお申し込みください

https://peatix.com/event/1934275

お問い合わせ先

NPO法人市民協働ネットワーク長岡
電話:0258-39-2020
FAX:0258-39-2900
E-mail:kyoudounagaoka@gmail.com

備考

あなたの団体も告知してみませんか?

ご登録いただくとイベントの告知や、協力者募集、寄付金募集、アイデア募集など
様々なことができます。ご希望の団体はこちらからお問い合わせください。

シェアする

フォローする

ページの先頭へ