コライト

日付:2017年06月08日
活動レポート

【開催報告】5/26開催 1日店主のも~れ!長岡「ようこそ長岡へ!地域おこし協力隊と一緒にのもーれ!!」

5月26日(金)アオーレ長岡にある市民協働センターの協働ルームを会場に「ようこそ長岡へ!地域おこし協力隊と一緒にのもーれ!!」を開催しました。

地域おこし協力隊は、地方暮らしのニーズを地方の地域力維持・強化を受け皿にして課題解決を図っていく総務省の取組みです。最長3年、定住・定着を視野に入れ、自治体に席を置き活動。現在2,500名以上の隊員が全国におり、長岡市ではH28年から11名の隊員が活動しています。

長岡での活動をスタートさせた地域おこし協力隊をゲストに迎え、都会暮らしからどういった経緯で長岡の地で生活することになったのか、実際に地域に入りどんな取り組みを行っているのか聞きました。

 

今回登壇してくれたのは、6名。左から川口地域で活動する小澤美紀さん(NPO法人くらしサポート越後川口)、栃尾地域で活動する溝橋俊章さん(地域活性化ネットワークとちお)と、小野寺 淳さん(栃尾本町商店会)、山古志地域で活動する和田奈都子さん(NPO法人中越防災フロンティア)と、牧野優さん(農家レストラン多菜田)

それぞれが、地域の現状を学びつつ商品開発やイベント企画など新たな地域の切り口をつくりだそうと活動中です。

 

  

 

 

そして、交流会。みんなで乾杯!60名を上回る人が集い、会場は熱気がムンムンです。

 

 

栃尾地域で地域おこし協力隊の小野塚さんがスタートさせた、葡萄の杜さんで提供しているグリーンカレーや、山古志地域の牧野さんが活動する多菜田さんのオードブル。長岡のまちなかで、食で地域を盛り上げようと活動するナガオカご藩の和田さんからもごちそうが届きました。

 

 

地域インターン生として、長岡市内で活動する人や、長岡市外で地域おこし協力隊として取り組んでいる人、地域外から移住してきた人なども参加してくれました。参加者の様子から、長岡周辺地域での暮らしに興味を持つ人の多さを実感。

長岡に詳しい人からは、おすすめ温泉や、駅前で日本酒が楽しめる居酒屋、のもーれに参加している目的などの話があり、情報交換の場となりました。

 

 

次回は、7/28(金)です!

長岡まつりの開催をひかえ、これまた熱いのもーれになりそうです。スケジュールを空けておいてくださいね☺

詳細は近日公開です。

団体情報

団体情報 ながおか市民協働センター 事務局

あなたの団体も告知してみませんか?

ご登録いただくとイベントの告知や、協力者募集、寄付金募集、アイデア募集など
様々なことができます。ご希望の団体はこちらからお問い合わせください。

comments powered by Disqus

シェアする

フォローする

ページの先頭へ