コライト

日付:2021年08月10日
事務局支援

【市民活動・虎の巻】リノベーションの際には消防署への相談を!

どんな取り組みにも課題は付きもの!活動の分野は違えど共通した悩みがあります。
「市民活動・虎の巻」は課題や悩みを研究テーマに沿って解説するノウハウコラムです。
これを読めば、みなさんの活動にヒントと勇気が湧いてくるかも!

市民活動・虎の巻 //研究テーマ//リノベーションの際には消防署への相談を!

少子高齢化や地方の人口減少により、年々増え続けている空き家や空き地。
そこで注目されている既存の建物や空き地の用途を変更し、新たな価値を生み出す『リノベーション』

近年、空き家をシェアハウスにしたり、倉庫をフリースペースにしたり…と
たくさんの事例がありますが意外と忘れがちなのが、防火設備について消防署へ相談すること!

なぜ消防署への相談が必要なのかと言いますと、建物が用途変更される際には、消防法令に基づき場所の用途に合わせた設備の点検や設置が必要になるからです。

しかし、この消防法令を自分で確認して、自分たちで適切な防火設備を整えるのは難しいため、きちんと消防署に相談することが大切です!

リノベーションした場所を安心して使っていくために、まずその場所のリノベーション計画が決まったら事前に相談するようにしましょう。

【相談先】
・旧長岡市内、山古志地域、越路地域、小国地域
 ▶長岡市消防本部予防課[0258-35-2190]

・与板地域・寺泊地域・中之島地域
 ▶与板消防署予防係[0258-72-2572]
・栃尾地域
 ▶栃尾消防署予防係[0258-52-1155]

・川口地域
 ▶小千谷市消防本部予防課[0258-83-0238]

【参考】

消防用設備関連の届出一覧

シェアする

フォローする

ページの先頭へ