コライト

日付:2021年11月01日
事務局支援

【市民活動・虎の巻】「やりたい」をカタチにする企画づくり-内容から考える編-

どんな取り組みにも課題は付きもの!活動の分野は違えど共通した悩みがあります。
「市民活動・虎の巻」は課題や悩みを研究テーマに沿って解説するノウハウコラムです。
これを読めば、みなさんの活動にヒントと勇気が湧いてくるかも!

市民活動・虎の巻 //研究テーマ//「やりたい」をカタチにする企画づくり -対象から考える編-

皆さんは普段どんな風に企画を考えていますか?今回は内容から考えていくステップをご紹介します!

①内容(何をしたいか)
まずは率直に企画者側がやりたいことを考えてみましょう。
自分たちの特技やできることを取り入れても良いです。

②効果
①の内容で企画をした場合、どんな効果が得られそうか考えてみましょう。
まだ対象を想定する前段階なので、漠然としたイメージでも構いません。
ここでまったくイメージができないようであれば、①に戻り内容を考え直しましょう。

 

③対象(この企画を喜んでくれる人)
①の企画に喜んで参加してくれ そうな人を想像してみましょう。
ここでは、より具体的な人を思い浮かべる方がリアルな集客のイメージにつながります。
また、なぜその企画を喜んでくれるのか理由も考えてみましょう。

④ニーズ・トレンド
③の対象が抱いていそうなニーズや悩み、世間のトレンドなどもプラスするとより目を引く企画になります。
⇩さらに…
具体的な工夫
④で考えたニーズやトレンドをどのように工夫したら①の内容に追加できるか考えましょう。

★上記のステップで考えていくときに役立つアイデア整理シートもご活用ください! PDF

シェアする

フォローする

ページの先頭へ