コライト

日付:2017年11月14日
ピックアップ

≪≪ 市民活動・虎の巻 ≫≫ 自分たちが楽しみながら魅力を発信! ネット活用のポイント!

自分たちが楽しみながら魅力を発信! ネット活用のポイント!

とちラボ 高橋沙原さん

 

とちラボは、全国でオンリーワンの“あぶらあげタウン”長岡市栃尾に暮らす有志が、『うらやましがられる栃尾』を理念に地域資源の発掘・研究を行い、栃尾の魅力を全国に発信しています。現在のメンバーは10名で、活動内容としては、SNS・web・紙媒体での情報発信、月イチで行う朝のごみ拾いイベント『PICKING UP MIND in Tochio』の実施、空き家再活用の一環として、空き家をイベント会場やレンタルスペースとして利用しています。

SNSやwebの活用では、“栃尾の魅力を発信する”ために、イベント/グルメ/歴史/文化 など、幅広い情報を記事にするよう心掛けています。地元人にとっては当たり前のものが、地元以外の人から見ると不思議だったり、魅力的だったりするので、そういった情報を広く発信したいと思っています。県内・外はもちろん、栃尾在住の人にも「なんだか面白そう!」「栃尾でこんなことしているんだ!」「イイね!行ってみよ!」と思ってもらえるように、まずは自分たちが楽しみながら日々リサーチに勤しんでいます。

     

イベント告知や短文の内容は即効性・拡散性のあるSNS、長文やアーカイブしておきたい内容はweb(ブログ)で、というように使い分けをしています。どちらも「印象的な写真を使う」「読みやすい文章にする」「何のための記事か意識する」という3点に重点を置き、興味の無いものはスルーされてしまうので、目に留まるように印象的な写真をピックアップするよう特に心掛けています。また、「伝えたい情報をいかに分かりやすく伝えられるか」ということはSNSでもブログでも意識し、あまりカタい文章にならないようにも気をつけています。

記事づくり・投稿に関して細かなルールなどは設けていませんが、SNSではイベント告知/レポートに力を入れ、ブログは月に1回更新しています。基本的にはメインライターが記事を作成していますが、メンバーからアイディアをもらったり、チェックしてもらって中身を詰めていきます。写真撮影をライター以外のメンバーにお願いして、後で共有する、ということも頻繁にあります。

webでは栃尾の空き物件情報も公開していますが、正直こちらはあまり更新できていなので、今後内容を充実させていきたいです。また、公開グループページでは地元の活動・イベント情報を告知する人が多く、情報を〈知ってもらいたい人〉と〈知りたい人〉を繋げる役割ができれば、と思っています。

アイディアを考えるのが好きな人、文章を創るのが好きな人、写真を撮るのが好きな人、メンバーそれぞれに得意分野があるので、役割分担をしながら活動しています。そして大切なのは、まずは自分たちが楽しむことかなと思います。

 

もっと詳しく知りたい方はとちラボのHP(ブログ)Facebookをご覧ください。

シェアする

フォローする

ページの先頭へ