コライト

日付:2022年09月20日
つながるラジオ

誰でも参加できるビーチクリーンアップ | アルソアサロン【長岡みんなのSDGs】

長岡みんなのSDGs アルソアサロン

長岡市内でSDGsに取り組む方たちを訪問!
今回は、『アルソアサロン』さんにお話を伺いました。


 

◆貴社の概要を教えてください

スキンケアカウンセリング&アドバイス、化粧品販売、パーソナルカラー診断、ファスティング講座開催を通して心体肌の健康を育むことに取り組んでいます。創業20年になるアルソアM・ファータと、もうすぐ2周年を迎えるアルソア &Keiの2つのサロンが中越エリアにはあります。

 

◆取り組んでいるSDGsの目標と、取り組みの内容を教えてください。

14、海の豊かさを守ろう

新潟県は南北に長く、海に面している県。海からも沢山恵みをいただいています。その新潟で海のためにできることを「実行」しよう、と昨年10月~新潟市の大瀧一華代表のかけ声でビーチクリーンアップを始めました。上越、中越、下越、一斉に約150名で同時開催。組織とその家族、友達、お客様、と幅広く募って開催しています。

「ゴミを落とさない」という意識を家庭レベルから育んでいくこと、そして「ビーチに出かけるときはゴミ袋を持っていく。」という意識が広がるといいなと思い活動しています。

 

◆取り組みを始めたきっかけと、これまでの経緯を教えてください。

「自然との調和の中に真の健康と幸福をつくる」という企業理念のもと肌本来のチカラを引き出す製品でのスキンケアの提案をはじめ、ファスティングも取り入れたウェルネスのお手伝いをしています。23年前の九十九里浜の海岸清掃以来、アルソア本社は清掃活動を継続しています。
長野県佐久市にある自社工場はリサイクル率99.9%、工場の排水を雨水よりきれいにろ過をして自然に帰す、など自然と共存するさまざまな取り組みを継続しております。近年、時代の流れでSDGsに賛同し昨年10月~新潟市の大瀧一華代表のかけ声でビーチクリーンアップを始めました。上越、中越、下越、一斉に約150名で同時開催。組織とその家族、友達、お客様、と幅広く募って開催しています。

 

 

◆周囲の反応や、取り組んでいて良かったこと、または大変だった事を教えてください。

第1回目に参加されたご家族が、次はいつ?と聞いて下さったり、2回目もお子さんの多くが参加して下さったり、海の現状を見て次も「やらなくては」、「やりたい」、というみなさんの想いを感じております。またこういう取り組みを通して、いろいろなかたと繋がることができ、貴重な機会です。

終了後はそれぞれ砂浜でアーシングをしたり、お子さんと遊んだりと自然に触れる機会にもなっています。たのしみながらSDGsの活動ができたことで,この先も楽しく活動を続けていける、と感じました。

実務面では、申請やゴミ処理の仕方など行政とのやりとりで不明点が多かったのですが、担当の方に親切に教えていただき助かりました。ゴミ袋も提供していただきました。

 

◆活動を通して、2030年にどのような社会をつくりたいですか。

持続可能な社会をめざして、まずは個々の心身の健康を保つことが大事です。その前提には自然に生かされている,という意識を持ち自然に沿った生き方、考え方を持てるようになることです。そのためにまずは社会の最小単位である家庭を大事にしていきたい。それを主に担う女性が意識を変えて、食をはじめとして自然と共生し、心身の健康を育み、たくさんの知恵とともに一人一人が自主的に行動できるような社会をつくりたいです。

 

2022年8月15日(月)FMながおかで放送している、つながるラジオ「長岡みんなのSDGs」のコーナーでも、アルソアサロンさんをご紹介しました。ぜひお聞きください!

シェアする

フォローする

ページの先頭へ