コライト

日付:2020年02月13日
事務局支援

【市民活動・虎の巻】補助金からの自立

~その課題、私たちはこんな一手、二手、三手、、、を打って切り開いてきた~

どんな取り組みにも課題は付きもの!地域活動の実践者に聞く、ノウハウコラムです。

 

ブース出店者から出店料をいただく他に、料理が得意な運営メンバーや市内の飲食店とのつながりを元に、実行委員会でも飲食ブースの出店を始めました。直径15センチの「ワイルドバーガー」を開発したところ、行列のできる看板商品となり、資金作りにつながっています。また、毎年数量を増やしたり、ミニバーガーのセットを新開発するなどオリジナルバーガーの磨き上げにも取り組み、売上を伸ばしています。

スタート当初はイベントの認知度を上げようと、プロのゲストミュージシャンを招いたこともありましたが、イベントを重ねる中で「今年も盛り上げに行くよ!」とステージに立ってくれる近隣のアマチュアミュージシャンやダンスサークルなどとつながることができました。お金を掛けたイベントを実施するよりも、みんなで作り上げるイベントの方が、アットホームで私たちらしい形。そう思えてからは謝金などの支出を抑えることができました。


 

ながおか市民協働センターでは、市民活動や地域づくりに役立つ情報がたくさんございます!
その情報を公開し、お役立ちノウハウで紹介しています。

シェアする

フォローする

ページの先頭へ