コライト

日付:2022年04月08日
事務局支援

【市民活動・虎の巻】団体の将来図のつくり方~ビジョン編~

どんな取り組みにも課題は付きもの!活動の分野は違えど共通した悩みがあります。
「市民活動・虎の巻」は課題や悩みを研究テーマに沿って解説するノウハウコラムです。
これを読めば、みなさんの活動にヒントと勇気が湧いてくるかも!

 

ビジョンはゴール(目指す姿)を目指し、自分たちが何のために活動するかを表すものです。ビジョンは団体外のさまざまな組織や個人に向けてしっかりと共有できることが大切です。多くの人に共有できる課題とその原因を想定して、実現したい社会の姿をビジョンに落とし込みましょう。


ビジョンづくりの注意点

・壮大で抽象的にならないように、現実味があるものにする。
・活動分野から離れすぎず、専門的になりすぎない言葉で。
・関係団体(利害関係者や市民など)から共感が得られるものにする。

例)長岡市の協働が目指すビジョン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もっと詳しく知りたい方はYouTubeをご覧ください。もっと分かりやすく解説しています!


ながおか市民協働センターでは、市民活動や地域づくりに役立つ情報がたくさんございます!
その情報を公開し、お役立ちノウハウで紹介しています。

シェアする

フォローする

ページの先頭へ