コライト

日付:2021年10月01日
事務局支援

【市民活動・虎の巻】「やりたい」をカタチにする企画づくり-対象から考える編-

どんな取り組みにも課題は付きもの!活動の分野は違えど共通した悩みがあります。
「市民活動・虎の巻」は課題や悩みを研究テーマに沿って解説するノウハウコラムです。
これを読めば、みなさんの活動にヒントと勇気が湧いてくるかも!

市民活動・虎の巻 //研究テーマ//「やりたい」をカタチにする企画づくり -対象から考える編-

皆さんは普段どんな風に企画を考えていますか?今回は対象から考えていくステップをご紹介します!

①対象・受益者
まずどんな人に向けて企画をつくりたいのか考えましょう。

年齢や性別だけではなく、職業や役職、趣味や嗜好なども入れて対象をしぼりましょう。

②悩み・ニーズ
①でしぼった対象が普段どんな悩みやニーズを抱えているのか考えてみましょう。
悩みやニーズは抽象的な方が良いと思いがちですが、具体的な方が対象者に響く企画になりやすいです。
さらに、その悩みやニーズの根拠もあるとよりいいです。

③解決方法
②で考えた悩みやニーズに応えるために適切な方法を考えましょう。
同じ内容であっても、対象が変われば企画や見せ方が変わってきます。
企画側のやりたいことばかりに注目せず、あくまでも対象がブレないように進めましょう。

 

④具体的な内容
対象が「参加したい!」と思うような内容にするのはもちろん大切ですが、対象者が「参加できない理由」も
作らないよう意識しましょう。開催日時、場所(アクセス方法)、参加費などは特に配慮が必要です。

効果・効用
実施後の効果についても考えておくと、より厚みが出て魅力的な企画になります。


★上記のステップで考えていくときに役立つアイデア整理シートもご活用ください! PDF Word

 


 

ながおか市民協働センターでは、市民活動や地域づくりに役立つ情報がたくさんございます!
その情報を公開し、お役立ちノウハウで紹介しています。

シェアする

フォローする

ページの先頭へ